夜尿症症診療ガイドラインについて

三環系抗うつ薬について

作用機序 次の作用が知られているが、どの作用が夜尿症に対して有効かは不明。
尿意覚醒を促進する作用、抗コリン作用、尿量減少作用など
投与方法 各薬剤とも初回投与量は10mgとし、夕食後、または就寝前投与で開始する。
体重25kg未満の場合は20mg、25kg以上の場合には25~30mgに増量する。
効果 有効率は、日本では43.1%、海外では50%前後と報告されている。投与中止後の再発が多く、長期の有効率は17~25%という報告がある。クロミプラミン塩酸塩、イミプラミン塩酸塩、アミトリプチリン塩酸塩の順序で効果が強い。
副作用 食欲不振、悪心、嘔吐、不眠、眠気など
留意点 重篤な血液、肝障害を引き起こすこともある。
また、欧州では心毒性や多量服用による死亡例の報告もあり、十分な指導、監視の元、注意をして服用させる必要がある。
国際尿失禁会議(ICI)では、「推奨グレードがC(心毒性)」と記載され、第一選択薬ではないと評価されている。3)
就寝前投与は、少量(50cc程度)の水で服用するように指導する。
抗利尿ホルモン薬、抗コリン剤併用時には相乗作用が起きやすい。

※効能又は効果は「遺尿症」です。

出典:河内明宏ほか:夜尿症研究10:5-13,2005:夜尿症診療のガイドラインより抜粋・一部改変
3)Tekgul.S:Incontinence:701,2009