夜尿症とは

夜尿症について

「夜尿症」と「おねしょ」ってどう違うの?

生まれて2歳ごろまでの子供は毎晩おねしょをしますが、その頻度は年齢とともに減っていきます。
「おねしょ」と「夜尿症」の違いは年齢がポイントです。乳幼児期の夜尿を「おねしょ」といいますが、5~6歳(小学校入学前後)以降は病気と捉え、一般的に「夜尿症」と呼びます。

ときどきおねしょをしてしまう程度のお子さまの比率は5~6歳で約20%、小学校低学年で約10%と減少しますが、10歳児でも約5%にみられます。ごくまれに成人まで続くケースもあります。

「夜尿症」と「おねしょ」のちがい

夜尿とは―夜寝ている間に意識せずにおもらしをして、服や下着、ベット、シーツなどをぬらしたり、しめらせたりすること。

おねしょ 幼児期に、夜寝ている間におもらしをする場合。(排尿に関わるメカニズムが未熟)
夜尿症 5~6歳を過ぎても月に数回以上おねしょをする場合。

夜尿症が子どもの心に与える影響って?

おねしょ(夜尿症)にともなう精神的外傷 グラフ

夜尿は自然に治っていく例が多いのですが、学齢期になると、夜尿のために子供が自信をなくし、心理面や社会面、生活面に影響を及ぼすこともあります。

あるデータでは、8~16歳の若者において、夜尿症が、両親の離別、争いに続き、3番目に強い精神的外傷をもたらす出来事としてみられました。
これらの経験は、いじめよりも悪い経験とみなされました。

お医者さんに相談してみよう

ご本人やご家族の悩みが深ければ、年齢・程度にかかわらず、医師に相談しましょう

【注】 1~2ヶ月間、生活習慣の見直しに取り組んでも、夜尿の状況に改善がなければ、医療機関の受診も考える(**受診しましょう)
【参考】 国際小児禁制学会(ICCS)など国際的ガイドラインでは、夜尿症とは5歳以上で、夜間睡眠中の尿漏れが継続している場合とされる。

おねしょ(夜尿症)セルフチェック

夜尿症にともなう精神的な影響がストレスになって、夜尿を長引かせてしまうこともあるので、年齢や夜尿の頻度を考えながら、医療機関を受診してみるとよいでしょう。

治療を継続的に行うことで、夜尿の頻度を減らせたり、治療を受けていない場合より早く夜尿から卒業しやすくなります。

夜尿症相談シートコンテンツ

お子さまの現在の状態を確認することができる「夜尿相談シート」を作成することができます。

夜尿相談シート作成コンテンツへ

おねしょ(夜尿症)受診・ご相談カード

【おねしょ(夜尿症)に関する受診を希望している】という皆さんの意思をよりスムーズに伝えることができます。

おねしょ(夜尿症)受診・ご相談カード

治療について

夜尿症とは