昼間のおもらし

昼間尿失禁とは

昼間のおもらしは「昼間尿失禁」と言い、排尿に関わる臓器・器官(尿道、尿管等)や機能(膀胱で尿が溜まりにくい等)に異常がある場合があります。
トイレを我慢できない(=「過活動膀胱)子どもは小学校入学時の20%にみられ3)、実際に漏らしてしまう(=「昼間尿失禁」)子どもは6%にみられ4)、小学校入学時点では尿失禁がある子どもは2名程度(30名クラスの場合)と想定されます。

昼間尿失禁を就学時健診でチェックする意義
つつがなく授業に参加するため
[授業中に緊急にトイレに行くことがある]
学校内でおもらししたり、授業中にトイレに行くことで、いじめや自尊心低下など精神的悪影響を引き起こすため
対策

対策

小児の腎臓内科医か泌尿器科医がいる病院で診てもらいます。大きな病院にいる専門医ですが、かかりつけの小児科医から紹介してもらうこともできます。また学校では授業中でもそっとトイレに行ける座席を選びます。

3)梶原充:小児内科2011:43(10), 1784-1786.
4)Kajiwara M: J Urol 2004: 171(1),403-407.