おねしょ卒業!プロジェクト委員会について

委員長

服部益治 ―兵庫医科大学小児科学 特別招聘教授 医学博士―

メッセージ

日本において、5歳以降で月1回以上のおねしょが3か月以上続く場合、"夜尿症"という病気と診断されます。近年では治療法が発見され、「放っておく」病気から「治す」病気になりました。しかし、一般市民の皆さまは「おねしょ(生理現象)」と「夜尿症(病気)」の区別がわからないのが現状ではないでしょうか。病気を持つ本人、そして家族の悩みは深く、しかしながら市民にはなかなか深刻さがまだまだ伝わっていないように感じています。

私は、マスメディア(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ)や講演を通し、夜尿症を理解して頂けるよう活動しています。今後は「おねしょ卒業!プロジェクト委員会」を通じて啓発活動を広げてまいります。今後とも皆さまのご理解とご協力をよろしくお願い致します。

副委員長

吉田 茂 ―医療法人葵鐘会(きしょうかい) 副理事長 CMIO―

メッセージ

夜尿症は放っておいても自然に治る、といわれることがありますが、何もせずにただ時間が経つのを待っているだけでは、無力感が漂います。実際に夜尿症が自然に治る確率は、全年齢層で平均すると年間10人に1人程度といわれていますが、積極的に夜尿症外来で治療をすれば、およそ半数の方が1年以内に治るといわれており、自然に治るよりも早く治せます。

さらには、放置しておいて知らない間に治っていたという状況に比べて、自分が頑張って夜尿症を治したという体験は、お子さまにとって自己達成感が得られ、お子さまの成長過程での自信に繋がることと思います。

実行委員

(敬称略 五十音順)

池田 裕一 昭和大学藤が丘病院 小児科 准教授
榎本 信哉 えのもとクリニック 小児科 院長
大友 義之 順天堂大学医学部附属練馬病院 小児科 先任准教授
河内 明宏 滋賀医科大学 泌尿器科学講座 教授
白柳 慶之 医療法人社団佐々木クリニック 泌尿器科・小児泌尿器科 院長
田中 幸代 関西医科大学 小児科学教室
津ケ谷正行 大野泌尿器科 理事長/院長
津留  徳 つるのぼるクリニック 小児科 院長
内藤 泰行 京都府立医科大学 泌尿器科学教室 講師
西  美和 広島赤十字・原爆病院 小児科
羽田 敦子 公益財団法人田附興風会医学研究所 北野病院 小児科 部長
藤永周一郎 埼玉県立小児医療センター 腎臓科 科長
松山  健 公立福生病院 院長・小児科
村杉 寛子 東京女子医科大学病院 小児科 非常勤講師/天正堂クリニック 院長